日本語教師に憧れているならまずは講座に出向こう

勉強道具

国際化時代の教育職

日本語教師は外国人の学生や就労者などに日本語を教える教育職です。国際化の進展とともにニーズが高まっています。公的な資格はありませんが、多くの日本語学校が日本語教師養成講座を修了していることを採用条件の1つに掲げています。

国際化適応した専門職

女の人

日本語教育のエキスパート

グローバル化の進展に伴い、年々高まっているのが外国人に対する日本語教育の必要性です。こうした風潮に応じて人気を集めているのが、日本語教師という職業です。日本語教師は、日本語を母語としない人たちに日本語教育を行う専門職です。国内の日本語学校や企業の研修所、海外の教育機関などで活躍しています。小中学校等の教員と異なり、日本語教師には公的な資格がありません。したがって、極論すれば誰でもなることができます。ただ、当然ながら採用する側も適性のない人間を受け入れることはありません。日本語教師になるには、日本語教育に必要なスキルを持っていることが条件となります。このスキルを証明する手段としては、現時点で3つの方法があります。1つめは、大学で日本語教育に係る専攻課程を修了していること、2つめは、日本語教育に係る検定試験に合格していること、そして3つめは、専門学校等において開講されている日本語教師の養成講座を修了していることです。大半の日本語学校が、3つのうちのいずれかを採用条件にしています。このうち3番目の養成講座については、総学習時間が420時間以上という国のガイドラインが示されています。そのため、多くのスクールではこの基準に沿った講座が設けられています。また、2番目の検定試験は民間団体が主催する独自の資格ですが、内容が高度で、合格するには専門的な学習が必要になります。そのため、先の養成講座を実質的な受験対策講座として利用し、2つの条件を同時にクリアすることを目指す人も少なくありません。

勉強

学習内容や受講時間

日本語教師の養成講座では、日本語の理論や外国人とのコミュニケーション方法について学習できます。通学の場合は420時間分の受講で、通信の場合は全ての課題を提出することで修了となります。修了すれば、日本語スクールで採用されやすくなりますし、日本語教育能力の検定試験での合格率も高まります。

ウーマン

資格のガイドラインに沿う

日本語教師の資格を取得するには専門の講座を受講する必要があります。資格取得後は日本語学校の講師や外国人留学生への授業、ボランティア活動や青年海外協力隊などとしても活躍する場を持つことができるようになります。