日本語教師に憧れているならまずは講座に出向こう

学習内容や受講時間

勉強

養成課程と検定試験

外国人が、日本で不便なく暮らすためには、日本語での会話スキルや読み書きのスキルが必要不可欠となっています。そのため、仕事や留学などで日本で暮らす外国人が増えている現在では、日本語教師の需要が高まっています。日本語教師として活躍するためには、日本語の発音や文法における正しい知識が必要となります。したがって日本語教師を目指す人の多くが、それらを身につけるために、日本語教師養成の通学講座または通信講座を利用しています。どちらの場合も、始めは日本語に対する理解を深めることを目的とした、理論講座を受講することになります。それをクリアした後に、外国人に分かりやすく伝えるためのコミュニケーション方法や、正しく評価する方法など、より実践的な内容を学んでいくのです。通学講座の場合、通常は420時間分のカリキュラムが組まれているので、それを全て受講すれば修了となります。そして通信講座の場合は、定期的にテキストが届けられるので、それを使って学びながら、その都度要求される課題を提出していきます。そして全てのテキストを受け取り、全ての課題を提出すれば、修了となるのです。いずれの場合も、修了までにかかる期間は、通学や課題提出のペースにもよるのですが、半年ほどとなっています。修了すれば、外国人を対象とした日本語スクールなどで、日本語教師として採用されやすくなります。さらに、日本語教育能力における民間の検定試験に合格しやすくなりますし、合格した場合には、採用される可能性が一層高くなるのです。