日本語教師に憧れているならまずは講座に出向こう

国際化時代の教育職

勉強道具

専門能力を身につける必要

国際化の進展に伴い、年々需要が高まっているのが日本語教師という職種です。日本語教師は、日本語を母語としない人たちに対して日本語による読み書きや会話の方法などを教える仕事です。国内外の日本語学校で教壇に立つほか、教育サービス会社に所属して企業の研修等に派遣されるケースもあります。また、地域ボランティアとして活躍している人もいます。日本語教師に公的な資格は存在しませんが、民間の検定資格が存在します。多くの日本語学校では、この資格を保有していること、または大学で日本語教育を専攻していることのいずれかを日本語教師としての採用条件に定めています。そしてこれらと並んでもう1つ、採用条件として掲げられているのが、日本語教師養成講座を修了していることです。日本語教師養成講座とは専門学校等で実施しているカリキュラムで、修了すると日本語教育に関する専門知識の持ち主として認められます。現在、日本語教師養成講座は非常に多くの学校で開講されています。講座選びにはいくつかポイントがありますが、最も重要な点は国が定めたガイドラインに沿っているかどうかです。政府は日本語教師に必要な条件として420時間以上の専門教育を受けていることを掲げていますが、多くの日本語学校もこれに準じた採用条件を設定しています。また、実践学習の機会が豊富かどうかも選定ポイントの1つとなります。教育職としての即戦力を身につけるには、できるだけ多くの実習をこなす必要があります。